Garden Japan / 札幌のエクステリア 庭,造園,外構工事,ガレージ,カーポート

  • Image 01
  • Image 02
  • Image 03
  • Image 04
  • Image 05
  • Image 06
  • Image 07
  • Image 08
  • Image 09
  • Image 10
  • Image 11
  • Image 12

FRONT YARD

コンセプト ガーデン 玄関前 カースペース 物置 お客様の声

中央区 A様邸

2020

緑豊かな地域ではあるものの車通りも多く、お庭で過ごすにはある程度の目隠しが必要と見なし樹木とアルミ製のスリットでセミオープンに仕上げました。道路を挟んでそびえ立つ樹木を借景に、庭の中は足元に目線を落とし楽しめるようたくさんの草花が彩られています。渋いワイン色のポーチ・テラスタイルに合わせ、品のあるマンガンレンガを多用しています。マンガン色の独特な落ち着いた面持ちが時を経ても色褪せません。

Design kosaka

手稲区 M様邸

2020

小坂裕幸先生の建築です。アプローチは枕木と札幌軟石で。奥に伸びゆく距離感とスリムな正面外観の建築がさらに強調されるよう縦ラインに枕木を伸ばしてます。所々にあしらった植栽スペースが彩を添えてくれます。奥にはBBQスペース、菜園も設け、土地の隅々まで無駄なく使って頂けます。

Design kosaka

北区 H様邸

2020

山本亜耕先生の建築では枕木、砂利、レンガ等のナチュラルなペイビングをご提案させて頂くことが多いのですが、H様邸は駐車スペースの面積がこの通りの広さですので、車の出入りや除雪のことを考慮しアスファルトをご提案させて頂きました。単純にアスファルトだけだと味気ないのでコンクリート平板をリズムよくポーチに引き込むラインで敷設しています。
道路側手前にグッとお庭を引っ張ったことで主張と迫力が出て、通行人の皆さんが目を向けます。アスファルトと平板のハードな印象がかき消されるほどのお庭の花々は、おなじみわたぼうしさんに植えて頂きました。
Design kosaka

釧路市 S様邸

2020

この度は設計のみを担当させて頂きました。ピアノ教室をなさっており、来客の多いお宅様です。お越し頂いた方は足元の草花を眺めながらポーチへ向かう導線になります。温かみのある山本亜耕先生の建築は枕木がぴったりです。

Design kosaka

石狩市 T様邸

2020

道路側にそびえ立つ目隠し塀は、お庭に元々常設されていた土留めの低いブロック塀でした。ただ劣化損傷が激しく見た目を何とかしたいということから、思いっきり高さを上げ住宅の外壁と同じガルバですっぽりかぶせてしまいました。

お庭はなるべくローメンテ重視で平板などを多く敷き詰め、お手入れの必要な植栽部は一カ所にまとめ効率的に作業頂けるようにしました。

ポーチ前のピンコロ石の階段は開口を広く取り、お庭にも自然と足が運ぶよう導線を繋いでいます。

Design kosaka

豊平区 S様邸

2020

目の覚めるような美しい白が目を引く住宅です。この美しい白を強調するよう目隠しフェンスも庭のテラスも白をご選択頂き、冴えわたる外観となりました。
土地にゆとりがある分、物置・駐輪・駐車をどう配するかあらゆるパターンを考え、これだというところで着地したプランです。フェンスの足元に草花が入るとまた印象が変わりますね、楽しみです。

Design kosaka

清田区 B様邸

2019

外装も内装もヨーロッパ建築そのもののように、こだわり抜かれた建築です。今では手に入らない大きな古レンガをランダムに敷き詰め、味わい深いペイビングとなりました。植栽スペースはご不要とされていましたが、お願いの末少しだけスペースを取らせて頂きました。わずかでもグリーンが入るだけで温かみのある家周りになります。

Design kosaka

恵庭市 S様邸

2019

スウェーデンハウスでは定番の枕木や自然石を使ったナチュラルスタイルではなく、スタイリッシュで端正な雰囲気にとご依頼をいただきました。アプローチの形状はご要望の曲線に、素材はシンプルな白い450㎝角のコンクリート平板を使用しました。奥に写る庭のテラスにも使用しています。アプローチ脇には大面積の芝庭が広がり、映画で見る異国のようです。芝はご主人様がこまめにお手入れしてくださり、1年後も青々と美しさをキープされていました。

Design kosaka

西区 T様邸

2019

北向き玄関のT様邸です。シンボルツリーにはガマズミを選びました。日陰に強く、株立ちで立ち姿も美しい木となると種類には限りがあります。ガマズミは山地に自生している木ですので生命力もあり、大きな葉や秋の実も大変可愛らしい優秀な樹木です。あまり一般的には植えられていませんがおすすめです。足元には暗くならないよう杉板模様の白い平板、なかなか高価な分良い仕事をしてくれています。

Design kosaka

清田区 K様邸

2019

工事前はインターロッキングのアプローチが真っすぐ伸びており、その左横は土のままでした。スリムな印象の建築にスリムなアプローチは狭小性しか感じられません。勿体ないですがアプローチは撤去させて頂き、左側の広々した空間もポーチ前と同じ敷き物で統一し、広さを強調しました。門袖も縦長ではなく横長タイプで建物と対比させ印象大に。夜になると背の高いポールライトが門袖周りをふんわり照らします。施主様にお選びいただいたネームサインと樹木が良いセンスです。

Design kosaka

1 2 3 4 5