Garden Japan / 札幌のエクステリア 庭,造園,外構工事,ガレージ,カーポート

  • Image 01
  • Image 02
  • Image 03
  • Image 04
  • Image 05
  • Image 06
  • Image 07
  • Image 08
  • Image 09
  • Image 10
  • Image 11
  • Image 12

GARDEN

コンセプト ガーデン 玄関前 カースペース 物置 お客様の声

清田区 H様邸

2011

この度で3回目の工事となりますH様、常連様でございます。

1番最初の工事はフロントガーデンと駐車スペースの舗装、2回目はウッドデッキを2基、そして今回は庭をぐるりと囲むウッドフェンスの工事です。住宅も植栽の雰囲気から見て取れるよう、H様には明確な目指す庭のかたちが決まっております。このぶれない思いはやはり細部にまで出ていますね。見事です。伺うたびに庭が造りこまれていて、今から次回が楽しみです。

Design kosaka

豊平区 H様邸

2011

エクステリアとガーデンの大改造です。路盤に歪みが生じ、デコボコ状態だったインターロッキングのアプローチをすべてレンガに敷き変え、そのインターも無駄にせず車庫内に再利用しました。ご主人の案により入庫しやすくガイドに平板をプラスしております。庭の土留めに使用していたブロックは全体的に後退させ、駐車スペースを前側に確保しました。そこに立つキャビンは住宅建築の際とっておいたサイディングを利用させていただいたおかげで違和感なく馴染んでおります。駐輪場として立てられましたが将来的には奥様の工房となる予定です。庭園内は広い芝から菜園スペースへと目的を変え、贅沢な石張りのバーベキューテラスは見応えのあるアクセントペイビングです。大きく生まれ変わった広いお庭を隅々まで楽しんで頂けると嬉しいです。H様から頂いたお心遣いは私の大きな励みとなっております。誠にありがとうございました。

Design kosaka

豊平区 M様邸

2011

私の母の友人のM様です。いつもお世話になっております。
元々はご主人がこつこつと造り上げたお庭で、それを壊してしまうのは大変申し訳ない思いでしたが思い切って大改造させていただきました。
今まで使用されていた石を見栄えのするよう石組みし直し、和室からの眺めを楽しんで頂けるよう景観をつくりました。歩くスペースは不自由の無いよう広く取り、化粧砂利で明るい印象に仕上げました。不安定だった土留めは無垢材の枕木で仕切り直し、物干しスペースは歩きやすくインターロッキングを敷き詰めました。
誰にどこを見て頂いても自慢できる品質の高い庭が出来上がりました。
敷石部分がカタログ掲載させていただくことになりました。ありがとうございます。今後とも母共々宜しくお願いいたします。
Design kosaka

豊平区 N様邸

2010

元々緩やかに高低差がある一面芝のお庭でしたが、思い切ってレンガ積みで庭を2つの高さに分けました。大切にされているバラをいかに素敵に演出するかもこだわった点です。2段階の高低差を生かして植樹し、目に飛び込んでくるバラの量を最大限にしました。高級感のあるシックなレンガがローズガーデンをよりいっそう華やかに演出します。ワンちゃんたちが走り回れるよう、足に優しいバークチップもかなりの面積で敷いております。

Design kosaka

東区 S様邸

2010

昨年バークチップを敷いたお庭をローメンテのお庭に大改造です。インターロッキングを敷き詰めると冷たい印象になりがちですが、色むらのある優しい色味の石調インターがそう感じさせません。2箇所に設置したレイスドベッドの花壇は立ったまま作業が出来るので腰に負担も掛からず大変管理しやすいです。小物の収納棚は奥様からのリクエストです。来年はベンチのそばにパラソルを置き、ぜひ外で過ごす時間を増やしていただければと思います。

Design kosaka

中央区 T様邸

2010

T様の庭には既にコンクリートのテラスがありましたが、そのテラスを利用して広いウッドデッキとなりました。デッキを囲む背の高い目隠しフェンスのおかげで、昼夜問わずいつでもくつろいで頂けます。角のヒメシャラの木がポイントです。天然木はメンテナンスを必要としますが、アクティブなT様ならきっと楽しんで作業していただけるでしょう。木樹脂材にはない経年変化の味わいと、自分でメンテして愛着を持つ良さがありますね。

Design kosaka

清田区 I様邸

2010

I様は排雪でお世話になっているお客様です。I様は普段の生活からエコを心がけ、古いものでも大切に取っておかれている方です。その思い出の詰まった古き良きものを全部お庭で使わせていただきました。
レンガはベンチの足やテラスに、鉄の格子はバラのトレリスに、木製のはしごは奥様のアイディアで物置に取り付け小物の飾り棚となりました。あるものは工夫して使う!モノがありすぎる時代ゆえに忘れがちなことですが、地球にも自分のアタマにとっても大切なことです。捨てる前に考えることを皆様にもおすすめ致します。
Design kosaka

手稲区 K様邸

2010

ご夫婦共働きのK様の庭園は、なるべく手間がかからず、かつ休日には癒しとなる庭がテーマでした。リビングの大きな窓正面に配した見事な樹形のピンクチャイムは、1年を通してK様の気持ちを和ませてくれると思います。奥様ご希望の自然石乱張りはキッチン側の窓から出てすぐのところに広がっております。1日でも多く「今日は庭に出てみようかな」と思って頂けるための造りです。ご主人はすでに草花の本をご用意されていたので、どんなお庭になるのか来年がとても楽しみです。日当たりが最高に良すぎるお庭なので水遣りなど管理も大変な面があるかもしれませんが、困ったときはいつでもご連絡くださいね。

Design kosaka

江別市 G様邸

2010

外観は品のある色調のレンガタイル張り、インテリアはほとんどが海外のもので統一され、確固としたこだわりを強くお持ちでございました。エントランス前はあまり日当たりが良くないからこそ華やかに感じるよう、わずかなスペースでも足元には草花を配し、フラワーポットを置けるレンガ積みは白壁バックに設置したことでお花が良く映えます。お花が上手な奥様だったからこその設計です。

庭への入り口には存在感のある石積が顔となっており、園路をジグザグに進むと大きな御影石がまた存在感を放っております。ご主人の細やかな庭の管理技術と奥様のセンスがこれから庭を盛り上げてくれること、間違いなしです。

Design kosaka

旭川市 H様邸

2010

こちらのH様ご夫婦は私の学生時代の同級生です。こうしてお庭のことも私に声を掛けてくれ、本当に嬉しいやら有難いやらです。ちびっ子のE君はお庭を走り回って完成を喜んでくれ、私はその姿に何とも感無量でした。住宅の色にピッタリ合った自然石とレンガが家を優しく包んでおります。年数を経るごとに色味が変化し味わい深くなることでしょう。来年温かくなったらベンチを置き、E君のプールを出し、花や野菜にチャレンジしてください!

Design kosaka

1 2 3 4 5 6 7 8 9